banner

お葬式の遺族挨拶でまず知っておきたい事

お葬式で参列者として遺族挨拶をする時には、まずよく使われるフレーズがどういったものなのかを知っておくと便利です。社会人として会社関係者のお葬式に参加するという場合、きちんとした挨拶ができなければ問題になってしまうでしょう。参列者の挨拶として定番とされているフレーズには、このたびはご愁傷さまです、心からお悔やみ申し上げますといったものがあります。挨拶をする時にはこれらの挨拶をしてから簡単な雑談をするといったことがマナーとされており、こういった挨拶をしないまま死因や亡くなった時の状況を尋ねるというのは失礼にあたります。参列する前に遺族挨拶の定番とされているフレーズを知っておけば、安心して参列できるのではないでしょうか。

また、挨拶をする時のマナーとして知っておきたいのが、話しかけるべきかどうかの判断です。お葬式に参列した場合、必ず遺族挨拶をしなくてはいけないと思いがちです。しかし実際には必ず挨拶をしなくてはいけない訳ではなく、例えば会社の取引先の身内が亡くなられた場合など、故人とそこまで親しい間柄ではないという場合はしない方が無難とされています。挨拶をされるとご遺族はその対応をしなければならず、親しい間柄ではない場合は余計な手間を増やしてしまいます。そのため故人との関係にもよりますが、基本的に挨拶は手短にし、お悔やみの言葉と手伝いが必要な場合は言ってくださいという旨の内容で声をかける程度にしておいた方が良いでしょう。

参列者として遺族挨拶をする場合、まず知っておきたいのがどういったフレーズがよく使われるのかということです。そして故人との親しさにもよりますが、基本的に挨拶は手短にするようにしましょう。もし親しい間柄だったとしても長時間の挨拶は迷惑になってしまいますから避ける方が無難です。

Copyright©2018【お葬式の遺族挨拶のマナーとは?】 All Rights reserved.